<< バトン検定 打ち上げランチ >>

風の谷のナウシカ ②

・・とタイトルに書きながら
ナウシカからは少し、いえ、かなり離れてしまいますが・・・

『個は全なり 全は個なり』

このフレーズを見た娘が
「あ!これハガレンにもあったよ!」と言いました。
ハガレンとは『鋼の錬金術師』・・・前にアニメにもなったマンガです。
さっそく見せてもらうと、、はい、確かにありました。

『目に見えない大きな流れ・・・
それを「世界」と言うのか 「宇宙」というのかわかんないけど
オレもアルもその大きい流れの中のほんの小さなひとつ
全の中の一
だけどその一が集まって全が存在する
この世は想像もつかない大きな法則に従って流れている・・・』
(アルは主人公の弟の名前です)

この二つのフレーズからは般若心経の
『色即是空 空即是色』を感じることができます。

そういえば、少し前にたまたま見たTVで、般若心経についての
特集がありました。
その中で柳沢桂子さんという女性の方が
おっしゃっていた言葉もとても印象が深いものでした。
この方は物理学者(科学者だったかな?)であり
般若心経の研究者でもあるのですが、、

その日は雨が降っていて、彼女は部屋の中から外を眺めていたそうです。
木の葉を打つ雨を見ていてふと思ったのは、すべてを原子レベルで
見た時には、木も雨もその間にある空気もすべてがつながっている・・・
ということでした。
この時に『色即是空 空即是色』がすんなりと自分の中に入ってきた、、と
おっしゃっていたのです。

なるほど!
するとそのあとに続く
『不生不滅 (ふしょうふめつ)』・・生ぜず滅びず
『不垢不浄 (ふくふじょう)』・・垢(あか)つかず浄(きよ)からず
『不増不減 (ふぞうふげん)』・・増えず減らず
という一見矛盾するフレーズも理解することができますよね。
原子レベルで見れば、なんとなくうなずけるような、、

するとすると!
なんとあの有名な『千の風になって』という詩も
別の面が見えてきたのです。

『私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

あの大きな空を
吹きわたっています 』


原子・・・
学者である彼女ならではの解釈ですよね。


でも・・・
原子では説明できないもの、、
そう、たとえば『魂』はどうなのでしょうね




ナウシカの内容については、あと何回か本を読み返してから
書いてみたいと思います。
[PR]
by yokomoko | 2005-07-08 22:13 | Comments(4)
Commented by みっちょん at 2005-07-09 16:31 x
うぉ~~~ 『鋼の錬金術師』、読みたい~~~!!
テレビアニメも引っ越す前は見てたんですよ~。
(今は、土曜の夜はテレビなしです。)
とっても難しいストーリーで、心に痛いストーリーだったと思うんですけど、
そうですよね?
結末、知りたいっ! 出来れば、原作とアニメ版と両方。
(大分違うって聞いたんです、結末が)

アルフォンスの見かけにそぐわない声が好き♪
普段強気のくせに本当は傷付きやすいエドが好き♪
はぁ~~~。好奇心がうずきます。

もうすぐ、映画公開ですが、テレビシリーズすらまともに見てないので、
話が分からない可能性が…。
気になる、気になる、気になる、気になる・・・(じだじだじだじだ)
Commented by newborohya at 2005-07-09 16:39
千の風になっての詩すごくいいーいいー。気に入りました。もっとなんか
素敵な詩知りたーい。難しいのはダメ。
Commented by yokomoko at 2005-07-10 21:46 x
☆みっちょんさん
おー!やっぱりみっちょんさんもハガレン、お好きでしたね!
ウチは娘が大好きで、原作を揃えていますよ。
でも、彼女曰く・・
「アニメはいや!」、、なんですって。原作と全然違うんだもん・・と言ってました。
私もアニメは途中までは見ていたのですが、後半から最終回までは見ていません。
できればまとめて最後まで見たいのですが・・
原作はまだまだ続くようですよ。
ちなみに私が好きなのは、『焔の錬金術師』ことマスタング大佐です♪
Commented by yokomoko at 2005-07-10 21:51 x
☆信子さん
この詩は信子さんとも共通するものを感じます。
信子さんのまわりには、いつも気持ちのいい風が
吹いているのでしょうね!
<< バトン検定 打ち上げランチ >>