<< 鎌倉路地フェスタ 日々のこと >>

田代島からの贈り物

e0000758_14122434.jpg


嬉しいプレゼントが田代島から届きました!
2011年3月11日の震災のあと、何をすればいいのかわからず
とりあえずいろいろな場所に寄付をしました。
その中のひとつが『田代島にゃんこプロジェクト』でした。
仙台のお友達を通してよく話を聞いていたにゃんこがいっぱい
住んでいる小さな島、いつか遊びに行きたいと思っていた島
この島の特産物である牡蠣の養殖場も震災で大きな被害を受け
そこから立ち上がったプロジェクトでした。
復興後にお礼の気持ちとして牡蠣が届きます、という内容でした。
確か5年後くらい?と書いてあった気がしましたが
3年経って届いたというわけです。
復興の証しのようでとても嬉しく思いました。

年を追うごとに薄れていく震災の記憶、それが一番悲しい
との現地の方の言葉を聞きました。
確かに私も日常の中では震災を意識することはほぼなくなって
いるのかもしれません。
去年の夏にまわった被災地で感じた想いは不死鳥のランプを
作ることで少し昇華したように思えましたが、単に自己満足
といえばそれまでで…


e0000758_14131215.jpg


で、さっそく作ってみました♪
牡蠣ごはん
人参、油揚げ、菜の花入り♪
牡蠣のダシが効いていて最高!^^
次はパスタにしようかな
[PR]
by yokomoko | 2014-04-14 14:14 | Comments(5)
Commented by ふみ at 2014-04-15 10:34 x
忘れてはいないのだけれど、
悲惨な風景の記憶は薄れています。
人はたぶん、そうやって心を調律していく生き物だから。

でも、忘れてない。
ただ、心の中、忘れていないという事がどれ程の意味を持つのか
分からないでいます。
Commented by yokomoko at 2014-04-16 07:10
>ふみさん
「日にち薬」というのは瀬戸内寂聴さんの言葉だったでしょうか。
確かに記憶は薄れていきます。
そっか、それは心の調律でもあったわけですね。
私も忘れてはいないけれど、心に占める場所が小さく遠くになって
いく感じがします。
たぶん意味はその人によって違うのでしょうね。
いや、意味はあってもなくてもどちらでもいいのかな
Commented by irohanihoheto_ku at 2014-04-23 09:34
悠月です。
田代島から届いたのですね。随分大きい牡蛎ですこと!!
田代島へは震災後は入っていませんが、いろんな取り組みが行われているようです。
まだまだ被災地は続いていますが、近くにいても自分の生活に追われ忘れがちになります。
被災地プロジェクトはいろんな商品を生み出しています。
価格的には安いものではありませんが、見かけたら購入することが一つの応援になるのかなと今は思っています。
海産物は美味しいので三陸産を見かけたらよろしくお願いしますね!
Commented by yokomoko at 2014-04-23 16:46
>悠月さん
はい!悠月さんから教えていただいたあの田代島です^^
ほんのちょっぴりですがお役に立てたようで嬉しいプレゼントでした。
田代島といえば、牡蠣が届いたのがきっかけで来月友達と3人で
遊びに行くことが決まりました。
初上陸にどきどきわくわくです^^
Commented at 2014-04-27 01:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 鎌倉路地フェスタ 日々のこと >>