<< チェンマイ旅行記 ⑧ チェンマイ旅行記 ⑥ >>

チェンマイ旅行記 ⑦

ヒドイ出来事…と言うのは大袈裟かもしれませんが。

チェンマイの移動手段のひとつに「ソンテウ」という
乗合バス(?)があります。
市内いたるとことで見かける赤い車なのですが
乗車時に行先を告げて、OKだったら後ろに乗って
目的地に行くというもの。
パッと見簡単そうですが、いかんせん言葉に不自由な私たち
ドキドキしながらの初ソンテウの目的地はチェンマイ駅。
和代さんのお友達さん情報で、駅近くで美味しいジュースが
飲めると聞きまして。
これが思いのほかうまく乗れて、無事駅に到着し、美味しい
ジュースも飲むこともでき、すっかり気をよくして
帰りもホテルまでソンテウで向かうことに。
乗り合いということで、私たち3人の他に二組、あとから一組の
お客さんがありました。
最初にみんちゃんが自分のホテルで降車、次は近くの私たちの
ホテルかと思いきや、別のお客さんの目的地へ向かう車
あれ?ヘンだな、と思いつつも降りるタイミングがわからぬまま
さらにかなり離れた場所へと走り、お客さんは次々に降りて
残るは私たち二人だけに。
「なんか山が見えるね」との和代さんの言葉に不安はMAX
と、突然車が止まって降りるように言われた場所は見当もつかぬところ
地図で運転手さんが差したのを見ると、ホテルとは真反対
しかも遠い!こんな所で降ろされてとても帰る自信がなかったので
私は思わず地図でホテルの場所を差し、のらりくらりの運転手さんに
日本語で「乗せてって!」と怒ってしまいました。
「だって、ここって言ったじゃない!」
もうね、すべて日本語(^_^.)
最終的に運転手さんは渋々ながらも連れて行ってくれたのですけどね。

途中乗ってきたベトナムから勉強しにきたというオレンジ色の布を
巻いた僧侶修行中の男の子たちが、今走っている場所を丁寧に
教えてくれたことが心強かったです。
この時も話したい英語が出てこなくてだまりがちな私に対し
地図を見せながらちゃんとコミュニケーションをとっていた
和代さん、素晴らしい!&ありがとう!

なんだかんだで1時間以上走ってようやくホテルに到着。
ヒドイ出来事、と書きましたが、冷静に考えれば
コミュニケーション不足の行き違いに過ぎなかっただけのこと。
運転手さんもいい迷惑だったかも?
タイ語はともかく、英語はもう少し話せるようにしよう、と
海外にくるたびに思うことを、ここでもまた再確認したのでした。

ちなみに、ソンテウは市内であれば降車時に一人20バーツ
払えばいいそうです。
乗車時に「いくら?」と聞くとたいてい多めに言われます。
私たちの場合、1回目が3人で100バーツ、2回目は2人で100バーツ
でした。それでも日本とくらべれば格段に安いので、上手に
使いこなせれば、ソンテウは本当に便利な移動手段ですね。


e0000758_1075883.jpg

タイの焼きそば、パッタイ
&チェンマイ駅で飲んだパイナップルジュース
どちらも美味~♪^^
[PR]
by yokomoko | 2015-12-09 10:08 | 旅行関連記事 | Comments(0)
<< チェンマイ旅行記 ⑧ チェンマイ旅行記 ⑥ >>