<< 夏休み最後の日 セゾンでランチ >>

ふたばの森のお稽古 5

久々に涼しい日曜日。
夏休みも今日を含めて残りわずか5日になってしまいました。
相変わらず遅寝遅起きのyokomoko家ですが、そろそろ休みモードから
抜け出さなければ!

きのうは8月3回目のお稽古に行ってきました。
江ノ島の駅を降りると、お祭りなのか、賑やかな太鼓の音とお御輿がでてました。
双雲先生は、「ここはいつもお祭りばかりやってるんですよ」とおっしゃってましたが
なんか楽しいですよね♪

そうそう、きのうはお稽古に行くにあたって
ひとつ楽しみがありました。
それは・・・
先生のブログでこんな記事を見たからです。

ありました!
玄関の扉を開けると、まさにこの写真の通りの光景が飛び込んできました。
教室に入る前に思わずじっくり眺めてしまいました。
夜中に衝動的に書いてしまったというこの書、、写真で見るよりも
ずっと迫力がありました。

それにしても・・
許可申請を却下され、奥様が寝られてから書いてしまったという双雲先生、、
イタズラっこのような一面を垣間見させていただきました(^◇^)

そうそう、こんなこともおっしゃっていましたっけ・・
「これも1年後に見ると、わ!ヘタクソ~って思っちゃうんですよね」

同じことを、私が習っていた先生もおっしゃっていたことを思い出しました。
「その時はすごく上手く書けたと思えても、何年か経つと、恥ずかしくなるくらい
ヘタに見えるのよね。
それは、いつも『手』よりも『目』が先にいっているからなんです。
だから、上達していくのよね・・」

私の『目』・・・大丈夫でしょうかね。
今度以前書いた作品でも見直してみようかな、、と(^_^;)
[PR]
by yokomoko | 2006-08-27 16:13 | 書道関連記事 | Comments(14)
Commented by mikikof3 at 2006-08-28 17:24
yokomokoさん。
こちらは雨が降ったせいか、ずいぶん涼しくなりました。
双雲先生のブログを拝見しました。
お若い先生でびっくり!!!
(イメージとして、ご年配の方を想像していました。)
すてきなお家だし、玄関を入って正面にあの書があったら、
きっと私でも目が釘付けでしょうね。
さすが芸術家です。
絵手紙は、習い始めた頃描いた作品の方がいいですね。
慣れてくると、上手く描こう・・・・という邪心(?)がどうしても出てしまいます。
昔の作品は下手でも、のびのびしています。^^
Commented by 空亀 at 2006-08-28 17:59 x
双雲先生先生の書、見ました。ほんとにすごい迫力ですね。
書きたい!!との衝動が見て取れます。
さらに驚いたのは、迷うことなく書けたということ。あの大きな襖に心の
赴くまま書けるというのは本当に無心ということなんでしょうか。
大人になると、これってなかなかできませんよね。

yokomokoさんの

>それは、いつも『手』よりも『目』が先にいっているからなんです。
だから、上達していくのよね・・」

この言葉にもほぉ~と納得、感心しました。
読んでいて、お得な気分になる記事でした。

双雲先生ってヨン様に似ていませんか?
Commented by rose at 2006-08-28 19:41 x
書のことは何も知らないので、何気にHPに行ってきました。
突き抜けたエネルギーの方ですね。
ひとたび部屋に入ってこられただけで、周りのエネルギーが一変するような^^お若い先生だけど、深い方なんでしょうね。年齢は関係ないんだなって、うれしくなります。
Commented by yokomoko at 2006-08-28 23:23
☆ミキさん
そうですか、、書道の先生っていうと年配のイメージがありますものね。
私も今まではそう思っていました。
ミキさんの絵手紙、何度かブログで拝見したことがありますが
とても素敵です!
『ヘタでいい ヘタがいい』という絵手紙の文句をよく見かけますが
素朴なタッチの絵はなんともいえないいい味がありますよね(^◇^)
Commented by yokomoko at 2006-08-28 23:29
☆空亀さん
無心の書・・これは本当に難しい。
心のおもむくままに書いたものは、その感動がそのまま見る人に
伝わるのだと思います。
私はまだまだ、、道ははてしなく遠いですね。

ヨン様!
アハハ、、思わずブログの写真を見返してしまいましたよ。
髪型とかソフトな雰囲気が似ているかも?

Commented by yokomoko at 2006-08-28 23:34
☆roseさん
はい!とてもエネルギッシュな方ですよ!
まわりを巻き込んで、一緒に前に進んでいく、そんな力をお持ちの方です。
私も月に3度のお稽古がとても楽しみなのです♪
Commented by 悠月 at 2006-08-29 11:29 x
双雲先生のブログに行ってきました。いい書ですね!若い!明るい!正しい!そんな「気」を放っています!これから期待される方のお一人ですね。お稽古に通えるyokomokoさんがうらやましいですよ!!
私も過去の作品を取り出すには勇気が要ります。HPの作品も本当は削りたいのですが・・・・でも進歩するために載せています(笑)恥ずかしく感じるというのは、きっとそのときの自分をだしているからなんでしょうね。
Commented by みずほ at 2006-08-29 13:51 x
あの襖の書を書いた次の日に教室へ行ったのですが、開口一番「どうしても書きたくって書いちゃった。妻には怒られたけど…」と、うれしそ~に話していました^^;1歳の息子さんも、あの襖に何度も近寄って、黒い部分を指でなぞったりして興味津々の様子でした(笑)
過去の作品、確かに自分のは恥ずかしい~!って思います。
「手」よりも「目」が先にいっている…なるほど!と思いました。そうやって上達していくんですね♪がんばります。
Commented by hanarenge at 2006-08-29 23:46
yokomokoさん、とっても素敵な先生でいらっしゃるのですね
私は書の心得は全くないのですが、襖の文字はすごく素敵ですね。
お稽古もきっと楽しいのでしょうね。お好きな書を素敵な先生とお稽古できるなんていいですね。
yokomokoさんの笑顔が浮かびます♪
Commented by yokomoko at 2006-08-30 12:36
☆悠月さん
お稽古に通える場所であったということも
何かの『縁』かな、、と思いつつ・・
悠月さんの筆跡診断の講座もそうですよね。
自分の書いたものってホント恥ずかしいですよね。私もお手本とか
HPに載せてますが、見るたびに「こんなんでいいのかなぁ」と思っちゃいますよ(^_^;)
Commented by yokomoko at 2006-08-30 12:39
☆みずほさんは翌日に行かれたのですね!
写真だけでなく、直に見ることができて、私たちって幸せ者?
双雲先生の書を見ながら『目』を養いましょうね~(^^♪
Commented by yokomoko at 2006-08-30 12:40
☆蓮華草さん
はい!お稽古はとても楽しいですよ。
毎回何かしらの発見があります。
いろいろなものを吸収して、自分なりの書の形が見えてくると
嬉しいんだけどな・・
Commented by こもも at 2006-09-02 18:53 x
見たいなあ!
でも、しばらくは、yokomokoさんとみずほさんのブログで、行った気になってようかと思います。
私も、いつか、私なりの書の形が見えてくると嬉しいな。
まだ、あっちに流れ、こっちに流れしている感じです。
Commented by yokomoko at 2006-09-02 23:25
☆こももさん
そうですね、、しばらくは体調第一で気をつけてくださいね。
お稽古の様子はまたブログでアップしたしますからね♪
自分の書の形、、いつか見えてくるといいなぁ、と思いながら
私も頑張ります(^◇^)
<< 夏休み最後の日 セゾンでランチ >>