<< 香港旅日記 4 収穫 >>

ランプシェード

e0000758_12104598.jpg

前の日記にも書きましたが
今年は用事があって、私ひとりがあとから新幹線で
那須に行ったのですが、このランプシェードがその『用事』
毎年開催される、市の書道会の講習会で作りました。

ふくらませた風船のまわりに和紙をペタペタと貼り付けて
それが乾くと共に中の風船がしぼみ、まわりの和紙がすっぽりと
抜け落ちるのです。
そこに文字を書いたらできあがり!
押し花やモミジなどをあしらってみても素敵ですね。

今回は『春夏秋冬』と書いてみました。
[PR]
by yokomoko | 2005-08-22 12:10 | 書道関連記事 | Comments(8)
Commented by mikikof3 at 2005-08-22 15:56
yokomokoさん。このランプシェード、素敵ですね。
形もかわいいし、筆文字がとっても良い雰囲気ですね。。
和室でも、洋風の部屋にもなじみそう。
私もチャレンジしてみようかな?
Commented by 船長 at 2005-08-22 18:07 x
おお、前に言ってたのはこれですか。
すばらしいですね。

まったくもこちゃんは渋いね。
Commented by gorotayu at 2005-08-22 19:47
香港の次は那須の別荘と充実の夏ですね。こんなに休日を楽しむ方達
がもっと増えるといいなーと思います。良く遊べば良く働けるんです。
Commented by ゆう at 2005-08-22 22:31 x
いい色ですね。素敵なランプシェード。
和紙で出来ているとなると、熱が心配ですが、大丈夫なんですか?
熱で文字の色とかも微妙に変わったりもするのかな?
使ってみるとまた違う味が出てきそうですね。
Commented by yokomoko at 2005-08-23 09:36 x
みなさん、コメントをありがとうございます!
ランプシェードだけでしたら、あっという間に作れますので
是非お試しくださいね。
ただランプの本体の方はけっこう大変かもしれません。
実は今回の講習会では、本体の方は出来上がったものを
いただいたので、自分で作ったわけではないのです。
材料等はホームセンターでそろうのですが、たぶん出来上がった状態のものも売っていると思います。
もし時間があって最初から作ることがありましたら、その手順等も写真に撮ってHPで紹介いたしますね。

ゆうさんのコメントの熱に関してですが・・
電球のワット数に注意が必要のようです。25~40ワットくらいなら
まず心配はないとのことでした。
もしくは底と上半分くらいを切り落としたペットボトルで
電球のまわりを覆うようにしてから、ランプシェードを
かぶせると、より心配はない、、ということでした。

熱で文字の色が変わったりしたら、それも素敵ですよね!
Commented by すずめ at 2005-08-23 13:41 x
ステキなランプシェードだわ。さすが習字の先生!
いろんなことをされてるんですねぇ、感心!
私はやるにはやってても一貫性がなくて。。。(*^.^*)エヘッ

掘りたてのじゃがいもは
それだけでもごちそうになるほどおいしいでしょう?
Commented by ゆう at 2005-08-23 20:22 x
なるほど、ペットボトルで覆ってから、ですか。
丁寧に答えてくれてありがとうございます。

墨の色って奥深くて、好きです。
日が経つと少し色が変わってきますよね。
熱が加わるとまた変化しそうで、いいなあ・・と思ったもので。。
Commented by yokomoko at 2005-08-24 09:53 x
☆すずめさん
写真だと実物よりもよく見えますね。明かりが入らないとイマイチぱっと
しませんが・・(笑
ゆうべはポテトサラダにしました。あとに残った小さいのは丸ごと煮てしまおうかしら、、と。

☆ゆうさん
ちなみにあの文字は青墨(せいぼく)で書いています。
墨の色によってもいろいろな表情がでますよね。
<< 香港旅日記 4 収穫 >>