<< 北斗星の旅 ⑨ 北斗星の旅 ⑦ >>

北斗星の旅 ⑧

e0000758_958569.jpg車窓に広がる景色は次々と移り変わり
北斗星は走ります。

(ベッドに寝転ぶとちょうどこんな感じに見えます)

札幌には定刻よりも25分遅れの11時40分に到着。上野を19時03分に出て、16時間40分の北斗星の旅でした。

そう!まさに『旅』という言葉がぴったりの北斗星!
これまでの旅行での列車は単なる移動手段にすぎなかったのですが
今回はこの16時間40分が旅そのもの。
北斗星を降りたあとはこの旅行の80%を終えたような満足感、達成感が残りました。

さぁ!ふたたびミッションです。
函館でクリアできなかったDD51の写真。
北斗星を降りた夫はカメラを手に先頭に向かって走ります。

「しばらく時間はあるから走らなくていいって!」(yokomoko心の声)

あとから私が歩いていくと夫はすでに写真を撮りまくっていました。
しかしDD51はホームぎりぎりで止まっているため、正面からの写真が
撮れないようです。
ふと向こう側のホームを見ると、カメラを手にした男の子が難なく正面の写真を
撮っているではないですか!
(隣のホームの方が長かった)
「あっちだと撮れるよ」と夫に言うと、「よし!○○○、(息子の名前)行くぞ!」と
またまた猛ダッシュ。

「だから走らなくて平気だって!」
(同じく心の声)

では、夫会心の一枚を。

e0000758_9433386.jpg

念願のDD51の写真を撮れてよかったね!


追記:DD51の寒冷地仕様なんですけど…(よこちゃん)
            ↑ ココ、こだわるとこみたいで夫自らコメント入れてました(yokomoko)(^_^.)
[PR]
by yokomoko | 2008-04-08 09:11 | 旅行関連記事 | Comments(8)
Commented by bunchan at 2008-04-08 15:27 x
我々、老夫婦は、6月のツアーで行きは新幹線、
帰りに北斗星に乗れる予定ですが、とても
参考になりました。
Commented by godettcha at 2008-04-08 16:01
本州では見られない、雄大な景色を眺めながらの、北斗星の
旅は満足度100%でしたね。夜行列車の車窓から、星空を
見ながら、眠れるのも、また素敵ですよね。ご主人の張り切り
ぶりが、楽しいです。
Commented by yokomoko at 2008-04-08 17:53
☆bunchanさん
ブログへのご訪問&コメントをありがとうございます。
bunchanさんは6月に行かれるのですね!
季節もよく北海道の素晴らしさを満喫できそうですね。
帰りの北斗星は行きとは違う趣きがあるのでしょうね。
私も機会がありましたら体験したいものです。
北斗星の旅、存分に楽しんできてくださいね。
またお話しを聞かせていただけたら嬉しいです^^
Commented by yokomoko at 2008-04-08 18:00
☆あきもっちゃん
はい!大満足の北斗星でした。
星空、私はあまり見ないうちに寝てしまったのですが
夫は見ていたのかな?
止まる駅では遅い時間にもかかわらず、けっこう見送りの人がいたようです。
列車の旅はやっぱり物語を感じますね。
Commented by megumin321 at 2008-04-09 08:51
しっかりと・・正面の写真・・見せていただきましたよ~~・・・一目散に駆け出していきたい御主人の気持・・わかります~・・ 楽しいたびですね~~いいナァ~~♪
Commented by 悠月 at 2008-04-09 09:23 x
電車の旅もいいですね。私も北斗星に乗りたくなってきました。
ご主人が買い求めた北斗星のグッズを息子が見て、「すごっ!これどれも高いんだよ~~~」と羨ましいような驚きの声をあげておりました。DD51、カッコイイですね。息子が幼年期トーマスキチガイだったためこの手の電車類は今でもとってあります。
それにしてもご主人楽しいですね。
Commented by yokomoko at 2008-04-09 20:40
☆meguminさん
今度はバッチリ撮れました!^^
夫はヘンなところにこだわりがあって、それがまた
おかしいのですよね~
Commented by yokomoko at 2008-04-09 21:06
☆悠月さん
息子さんに続いて私ですから北斗星にはけっこう
アンテナぴぴっときちゃいませんか?^^
グッズはまさに大人買い(^_^;)
Nゲージとかも子供時代に欲しくて欲しくて・・でも買ってもらえなくて
その反動が今になってでているようですよ。
息子さんはトーマスですか!ウチはトミカでした。
<< 北斗星の旅 ⑨ 北斗星の旅 ⑦ >>