カテゴリ:旅行関連記事( 269 )

マレーシアあれこれ ②

お友達のご主人さまの運転で、前にTVで紹介されていた
ヒンズー教の洞窟に行ってきました。

e0000758_14302842.jpg


この黄金の像の左横に見える階段を上がった先に洞窟はあります。
見た時は、「うわ~~~これを登るの?!」
といった感じでしたが、いざ、登り始めるとそこまで大変ではなかったです。

お猿さんがたくさんいました。

e0000758_14322919.jpg

e0000758_14325066.jpg


洞窟は改修中の箇所がたくさんありましたが、こんな感じです。

e0000758_14341316.jpg


ここでは、思いがけず素敵なおみやげをゲットしました。

e0000758_1435724.jpg



このあと、ブルーモスクにまわって観光。
入口でガウンを羽織り、スカーフで頭もすっぽり覆ってから入りました。
e0000758_1437422.jpg
e0000758_14372239.jpg

e0000758_14374540.jpg


モスクは自由にまわるのではなく、必ずガイドさんが付きます。
説明はすべて英語。
そんなに難しい英語ではないけれど、ほとんど聞き取れず…(^_^.)
海外に行く度に、自分の語学力のなさを反省するのですが、帰国すると
それも忘れてしまって…
英語ができるかできないかで、旅の楽しさは全然違うものになるのでしょうね。
[PR]
by yokomoko | 2017-07-24 14:41 | 旅行関連記事 | Comments(2)

京都旅日記 終

最初に書きましたように、今回の旅はお友達の蓮華草さんに会う目的で計画しました。
実際にお会いするのは4回目になるのですが、前回から数年空いていたのは、たぶん私がブログよりもFBが中心になってしまったせいもあるのかな、と。
そんな中、彼女もFBを始め、また頻繁に言葉をかわすようになりました。
スマホを持たない私にとって、FBのメッセージはラインがわりに
気軽に使える便利機能。
旅の打ち合わせもほぼすべてこちらからでした。
そして、私が旅日記を書いている中、蓮華草さんはFBを退会されました。
前々から退会を考えていたようでしたが、最後のあいさつ文をアップされてから先ほどアカウント削除。
潔い引き際に、さすが!蓮華草さん、と思いました。
これからは以前のようにブログ中心になるようです。

私にとってのFBは、人が行きかうカフェのようなもの。
ふらりと入って、ひとりでお茶したり、知り合いのお顔を見つけたら気軽におしゃべりをしたり…
対して、ブログは自分の部屋。気ままにゆっくりくつろぐ感じでしょうか。
これはあくまで私の感覚。人ぞれぞれ、その場所の在り方は違うのでしょうね。
そこにいることで疲れを感じるなら、立ち寄らず、もしくは立ち去る。実に単純
それから、会っているような感覚、と実際に会う、ということは
やっぱり全然違います。
今回の旅で蓮華草さんとすごした時間はきらきらと輝くかけがえのないものでした。
でも、そのきっかけをくれたのはFB。それもまた事実
私の中ではネットとリアルの境目はそこまで鮮明ではなく
なんとなく溶け合っているような感じかな
海(リアル)と空(ネット)の境目、ぼんやりかすむ地平線みたいな感じ?
なんだか、イメージばかりがひろがって収集つかなくなりそうなのでストップ!

さぁ、次回彼女と会う京都は今回行かれなかった、上賀茂神社からスタートです。
それまではお互いのブログでお会いいたしましょうね

蓮華草さん、ありがとう!
ブログ、リンクさせていただきますね

http://hanarenge.exblog.jp/24272940/
[PR]
by yokomoko | 2017-06-02 10:23 | 旅行関連記事 | Comments(4)

京都旅日記 ⑤

蓮華寺をあとにして、いったん市街に戻り昼食をいただきました。
ここもまた蓮華草さんおすすめの素敵なお店でした。
きのうのお蕎麦屋さんと同じく、一本道を入ったところにある
地元の方が通うお店のようでした。
美味しい海鮮丼をいただき、次に向かったのは、岩倉実相院。
ここはよく磨きこまれた床に映る景色が有名なお寺です。
この季節は、「床もみじ(新緑版)」でしょうか。
写真撮影禁止でしたので、目に焼き付けました。
こちらのお寺のお庭も素晴らしかったなぁ。
このあと上賀茂神社に寄ろうかと話しつつ、ちょっと時間的に
きつかったので、フランシスという素敵なカフェでお茶をしてから京都駅へと向かいました。


e0000758_10211136.jpg

[PR]
by yokomoko | 2017-06-02 10:21 | 旅行関連記事 | Comments(0)

京都旅日記 ④

2日目
9時に蓮華草さんと合流してから、まずは蓮花寺へと向かいました。
出町柳から大原行きの京都バスに乗ったのですが
思えば、一番最初に蓮華草さんにお会いしたのが、ここ出町柳なのでした。
大原の宿坊に泊まった翌日、京都に向かうバスに乗ってからの途中下車。
バスのステップを降りた時に目に飛び込んできた蓮華草さんの
姿が今でもありありと浮かんできます。
と、しばし感傷にひたりつつ…
上橋(かんばし)バス停で下車し、蓮花寺到着。
境内に足を踏み入れると、初夏の緑があふれていました。
こちらのお寺は修学旅行の生徒さんはお断りしているようで
ひっそりと静かな佇まいです。
畳敷きの室内から眺める庭は本当に美しかった!
庭には池もあるのですが、ここの水の清らかなこと!
数組の観光客が入れ代わり立ち代わり訪れる中、蓮華草さんと二人でずいぶん長いこと
座っていたものです。
こんなに素敵なお寺に連れてきていただきありがとうございました。


e0000758_1019444.jpg

[PR]
by yokomoko | 2017-06-02 10:19 | 旅行関連記事 | Comments(0)

京都旅日記 ホテル編

京都の一人旅の時はよく宿坊を利用していたのですが
今回はたまたま見た楽天トラベルでパッと決めてしまいました。
ちょっとアートな雰囲気&朝食の口コミ
そしてここが思っていた以上によかったのでした。
スタッフの方の丁寧な応対、落ち着ける部屋、もちろん
朝食も大満足
次回もまた利用したいホテルです


e0000758_9444834.jpg

[PR]
by yokomoko | 2017-06-01 09:44 | 旅行関連記事 | Comments(0)

京都旅日記 ③

伏見稲荷のあとはどこに行くか考えていなかったのですが
参道の途中で立ち寄ったお店のご主人とのおしゃべりから
次は銀閣寺に行くことにしました。
京阪電車で一気に出町柳まで行き、そこからバスで銀閣寺道下車。
ここも学生さんであふれてはいましたが、たぶん清水寺よりは
少ないかな、と。
銀閣寺は何度か訪ねた場所ではありますが、新緑の季節はやっぱりいいですね~
お庭を順路に沿って歩きながら緑を堪能

そして、昼食は適当に歩きながら、行き当たりばったりで
街中の普通のお蕎麦屋さんに入ったのですがここが大当たり!
お蕎麦に天ぷら、焼き魚に那須田楽、厚焼き玉子、そして鯛寿司まで!
これで1280円とか観光地とは思えないお値段でした。
(観光客は私だけでしたが)
しっかり完食後はふたたびバスに乗り下鴨神社に。
大好きな糺の森を歩きながら、途中にあった神社でカリン水をいただきました。
気温が高く、喉が渇いていたせいもあって、ほのかな甘みのある
このお水が最高に美味しかったです。

その後、バスでホテルに向かいチェックイン。
夕方から祇園にでも行こうかと思っていたのですが、夜行バスからの山歩き、街歩き、神社めぐりと
さすがに疲れがでて、結局部屋から一歩も出ず、のんびりとすごして初日終了。


e0000758_9423096.jpg

[PR]
by yokomoko | 2017-06-01 09:42 | 旅行関連記事 | Comments(0)

京都旅日記 ②

今回の京都旅行の目的は、10年来のお友達である蓮華草さんに会うため。
彼女とは私がネットをやり始めた頃に交流が始まり、これまで京都や奈良で3回ほどお会いしています。
ここ数年は私がブログから足が遠ざかっていて、言葉を交わす
機会が減っていたのですが、蓮華草さんがFBを始められたことが
きっかけでまた距離が一気に近くなりました。
最近の彼女はカメラに夢中で、ブログやFBで素敵な写真をたくさんアップされています。
それを見ていたら、京都に行きたい!蓮華草さんに会いたい!熱が加速。
で、パパッと計画を立てたのでした。

行きは夜行バス、帰りは新幹線といういつものパターン。
初日はひとりで観光。
まずはずっと行きたかった伏見稲荷へ!
8時前に着いたせいか、人出はそんなにありませんでした。
有名な鳥居をくぐりながら、頂上をめざしひたすら歩く。
軽いながらも大きなバッグを持っての登山(?)は思いのほか
疲れましたが、赤い鳥居と緑、空の青に励まされてどうにか
ぐるりと一周できました。
戻ってきたら修学旅行の生徒さんでごった返しており、朝の静けさは微塵もなく…
ここは早朝にくるべき、を実感したのでした。

e0000758_10312880.jpg

[PR]
by yokomoko | 2017-05-31 10:31 | 旅行関連記事 | Comments(2)

グァム旅行 2016

e0000758_13194099.jpg

8月6日~10日
家族全員集合で初グァム旅行に行きました。
旅行記を書くほど多彩な出来事はありませんが、実に楽しい
時間でした。
夫は帰ってすぐにまた来年のグァムの計画を
話していたので、相当気に入ったのだと思います。
彼が単身赴任になってから、家族が全員揃うのは
年に10回にも満たないここ数年でしたが、この数日間は
それを忘れるくらい密度が高かった!

4泊5日の日程でしたが、夜中グァム着、早朝成田着というフライトだったため
実質グァムは3日間
今回はオプショナルツアーは入れずに、ホテルのプールで泳いで
海でシュノーケリング、3時くらいからはお買物というパターンで
割とのんびり過ごすことが出来ました。

で、来年の申し送りとしては、日焼け対策として上下
ラッシュガードを用意するということ。
私と娘①、息子は大丈夫でしたが、夫と娘②は火傷に近い
レベルの日焼けで最終日苦しんでいました。
どれだけ海で泳いだの?!(^_^.)

*グァム=なまこ、というイメージでしたが、駆除に成功したとのことで、とにかく海が綺麗でした!

*追記:申し送り② この時期のグァムは雨季のため急なスコールが何度かありました。
折りたたみ傘があった方がいいです
[PR]
by yokomoko | 2016-08-15 13:26 | 旅行関連記事 | Comments(2)

新潟の旅 ②

e0000758_13245923.jpg

4日はそれぞれ別行動でのスタートです。
夫&息子はマンションでごろごろしていたみたいで
娘たちは映画(ズートピア)を観に行き
私は一人で北方博物館に行ってきました。
ガイドブックで見つけたのですが、藤の花が綺麗でしたので
すぐに電話をしたところ、「満開ですよ!」のお返事で
速攻車で向かいました。
いや~本当に綺麗!写真よりもずっと美しい
元は伊藤家という豪農のお宅だったのですが、博物館にすることで戦後
GHQから焼かれることを逃れたのだとか…
お屋敷とお庭の素晴らしさにしばし感動
藤の季節と紅葉の季節がおすすめのようですね
6時からは藤の花のライトアップが見られる、ということで
一度ホテルに戻り娘と合流後、マンションで夫&息子と合流
再度博物館へと向かったのでした。
昼間は800円という入館料が、6時~8時は100円ということもあり
すごい混雑ぶりでしたが、ライトアップされた藤もまた美しく
来てよかった!

夕飯は地元で有名な釜飯屋さんに行きました。
釜飯は注文してから炊くので、出てくるまでに30分かかるのですが
それだけ待つ価値のある美味しさでした。
この日の夜は娘たちはカラオケで2時まで歌っていたようです。
私はホテルの部屋でゆっくり読書。12時前には寝たのでした。
[PR]
by yokomoko | 2016-05-07 13:27 | 旅行関連記事 | Comments(0)

チェンマイ旅行記 ⑭

北京到着は12時近くになっていたでしょうか。
入国手続きをすませ、空港の外に出て驚きました。

「まともに息が吸えない!」

そう、今、日本でもかなり報道されていますが
これが悪名高きPM2.5?!
この時すでに厳戒態勢になっていたのでしょうね。
想像をはるかに超える大気汚染でした。
ふだんマスクを持ち歩かない私はタオルを口元に当てて
しのいでいたのですが、一緒のツアーの女の子が
「たくさんありますからどうぞ!」とご親切にマスクを
くださり、本当に助かりました。
マスク+タオル、それでも息をするたびに咳き込むような
空気の悪さ
そんな中、空港の乗り継ぎ案内の係の人の誘導でバスに
乗り込み、ホテルに着いたのは1時。
そこからたった一人のフロントの女性が20人以上の
チェックイン業務をこなし、部屋に入れたのは2時近く?
5時のバスに乗るので、4時にはフロントに向かう私たち
部屋滞在時間2時間とか!
行きの7時間空港滞在と外での大気汚染を考えると
ホテル移動しなくてもそのまま空港にいた方がよかったのでは?
と思ったのは私たちだけではなかったはずです。
まぁ、空港の寒さを考えるとどっちもどっちなのですが。
ちなみにチェンマイで購入したお菓子、部屋で食べつくしました。
お菓子で乗り切った北京の夜、忘れられませんね。

何かと難儀した北京ではありましたが、そのおかげで
普通のツアーでは話すこともないであろう他の方たちと
団結してあれこれ協力して乗り切った感を味わうことが
できました。
これはなかなか得難い体験だったと思います。

そして、無事帰国。
思いきり深呼吸
あ~ やっぱり日本はいいなぁ



5日間の旅日記、最後までおつきあいいただきまして
ありがとうございました。
かなり長い内容になりましたが、今、読み返してみましたら
書ききれなかったことがまだまだたくさんありました。
「今回は旅行、っていうより、旅、だったよね!」
との和代さんの言葉が一番伝わるかもしれませんね。
[PR]
by yokomoko | 2015-12-18 13:41 | 旅行関連記事 | Comments(2)