カテゴリ:旅行関連記事( 277 )

台湾旅日記2017 ⑦

3日目のつづき

忠烈祠の帰りに書友Yさんから教えていただいたお茶屋さんに寄りました。
最寄駅は中山で、そこからは娘のスマホ頼り。
鼎泰豊を探しまくっていた時に比べるとあっさり到着。
お話しを聞いていたとおり、日本語OKなやさしい店員さんに
試飲させていただきなから、お茶やお菓子を購入。
お茶はもとより、マイタケチップが感動の美味しさ!
今回の旅で一番お金を落としたかな。
Yさん、リアルタイムのコメント情報をありがとうございました^^
この日の夜は、ホテル近くの夜市を散策しました。
毎晩お祭り感覚で楽しめる台湾、いいですね~
そうそう、ここの夜市にはヘビ料理のお店が数軒ありました。
店頭に大きなニシキヘビがいたのですが、すぐに二胡が
思い浮かんでしまい我ながらおかしくなりました。
金運がよさそうな黄色いニシキヘビもおりまして、この皮でも
二胡が作れるのかしら、とかね
あ、ヘビ料理はさすがに食べなかったですよ。

30日(土)帰国日

チェックアウトは12時だったので、外出も可能だったのですが
朝食を食べ、部屋で荷物整理をしながらのんびりすごしました。
空港に向かう途中、お土産屋さんに立ち寄りましたがこれといって買うものなし。
ここのお土産屋さんはコースに組み込まれているのか、私達の
あとからも、修学旅行の生徒さんたちが続々と訪れていました。

空港でwi-fiを返却し、搭乗時間までは食事を兼ねてレストランで
ゆっくりすごしました。
帰りのフライト時間は3時間(行きは4時間)でしたので
あっという間に成田到着。
なんだかんだでゲートを出たのは21時をまわっており、すでに
バスはなく、久々に成田エクスプレスで新宿まで。
終電ひとつ前の小田急線はかなり混んでいましたが、24時半前には帰宅できてよかったです。
(翌日から那須に行く予定でしたので、新宿で朝まで足止めはさすがにキツイかなぁ、と)

3泊4日の台湾旅行記、おつきあいありがとうございます。
ちなみに、台湾の気候は5月くらいのあたたかさで
すごしやすかったのですが
先日、九分ツアーの口コミを見ましたら、31日から年明けずっと雨続きでかなり寒かったようです。
私たちが行った時がたまたまお天気に恵まれていただけだったようですね。
それもふくめて楽しくラッキーな旅なのでした。
台湾、リピーターになりそうです。




[PR]
by yokomoko | 2018-01-12 11:24 | 旅行関連記事 | Comments(3)

台湾旅日記2017 ⑥

29日(土)
3日目はこれといった予定は立てておらず…
そうだ!猫空(マオコン)に行ってみよう!と前日に決めました。
私のイメージとしては、猫関連の雑貨屋さんとかがありそう、
だったのですが、実はここはお茶の産地であり、茶芸館が
たくさんある場所なのでした。
目玉は猫空に至る4kmのゴンドラです。
床が透明なアクリルのキャビンに乗りたくて、早めに出かけました。
駅に着くと、すでに行列ができていましたが、30分かからず
乗車でき、空中散歩を楽しみました。

e0000758_18555176.jpg


猫空では烏龍茶のソフトクリームを食べたのですが、これがとても美味しくて!
抹茶やほうじ茶ソフトは食べたことがありましたが、烏龍茶は初めてでした。


猫空の次に向かったのは忠烈祠(読み方わからず…日本語読みだとちゅうれつし?)
戦死した兵士の霊を祀った場所です。
台湾に修学旅行に行った習字の生徒さんから
こちらの衛兵交代の儀式を見てきた、との話しを思い出し
それでは、と行くことにしました。

最寄駅は圓山(まるやま?)で、ここまでは電車で向かいました。
駅を降りると、何かのイベントなのか小さなお店がたくさん
出ており、なんと筆を売っているお店を発見!
試し書きをさせていただきながら何本か筆を購入しました。
娘と店員さんとの日本語中国語ちゃんぽんの会話が楽しかったです。

忠烈祠まではバスで行こうということになり、店員さんや
お客さんとスマホ片手にバス停を教えていただき
どうにかバスに乗車。
ただ、車内のアナウンスはほぼ聞き取れず、バス停の表示も
出ずで、目的地で降りれるか娘と二人不安のかたまり。
すると、突然運転手さんが「ライライ!」
なんとかかんとか~!と呼んでくれて無事降りることができました。
親切な運転手さん、ありがとうございました。
(見るからに日本人な私たちが行く場所は決まっているのでしょうね)

衛兵交代はガイドブックに書いてあったとおり。
一糸乱れぬ動きは感動ものですね。
40分微動だにせず立ち続ける気力体力も驚きでした。
最初に見た時はマネキンかと思いましたから。


e0000758_18564623.jpg


この日は他にもちょこちょこ立ち寄りましたが
私は筆が買えて満足、娘は中国語をいっぱい話せて満足な
一日なのでした。


[PR]
by yokomoko | 2018-01-11 18:57 | 旅行関連記事 | Comments(0)

台湾旅日記2017 ⑤

ツアーの解散場所は希望の夜市。
最初は士林(シーリン)を希望していたのですが、ここは前にも行ったことがありましたので
急遽、寧夏(ニンシャー)に変更しました。
士林よりも規模は小さかったのですが、それでもたくさんの
お店が出ていて賑やかでした。
ここで焼き餃子となんとか麺で夕飯。
この焼き餃子がとても美味しかった!10個で60元(240円)おすすめです。
娘が買った、パウダー状にしたピーナッツキャラメルをタロイモのアイスに振りかけ

それらをクレープぽい春巻きの皮で包んだスイーツも美味しかったです。(確か35元150円くらい)
あとで調べたら、「花生捲冰淇淋」(読み方わからず)という有名なスイーツで

パクチーも一緒に入っているようです。
今回食べたのには入っていませんでした。パクチー入りにも興味あるなぁ。

このあとホテルに戻って2日目終了。


e0000758_18532192.jpg

[PR]
by yokomoko | 2018-01-11 18:53 | 旅行関連記事 | Comments(0)

台湾旅日記2017 ④

そして九份へ!
ここは、「千と千尋の神隠し」で一気に有名になった場所です。
着いたのは確か6時前。夕暮れが迫る時刻でした。
バスを降りて徒歩で向かった先は、赤い提灯に彩られた
まさにあの坂道。
混んでいるとは聞きましたが、ここからは暗くなるにつれて
もう人人人!
噂どおり歩くのもままならない混雑ぶり。
そんな中、有名な茶芸館 阿妹茶楼(あめちゃろう)に運よく
席があり、そこで台湾式のお茶をいただきました。
美味しいお茶を飲みながら、同行のメンバーさんとのおしゃべりが楽しいひとときでした。
九份で有名な台湾スイーツの「芋圓」も食べることができました。
(紫芋他いろいろなお芋の団子が入ったお汁粉?)
これはガイドさんのおかげです。あの混雑の中、自分たちだけでは絶対に
行きつけなかったと思うので…
あたたかいのと冷たいのがチョイスでき、私は冷たい方を
注文したのですが、あたたかいものに砕いた氷をどさっと
乗せたものを手渡されました。冷たいというよりぬるい感じ?
でもこれがまたとっても美味しかったのでした。

九份でけっこう時間をとっているプランだったため
ずいぶん散策を楽しめました。
とは言うものの、とにかくひどい人混みでお店をゆっくり見る
ことはできなかったのが残念。
ここは平日の昼間に訪れるのがいいのかもしれませんね。

*九份はちょっと江の島に似ている感じでした。

e0000758_13501417.jpg

[PR]
by yokomoko | 2018-01-10 13:50 | 旅行関連記事 | Comments(2)

台湾旅日記2017 ③

『台湾旅日記 ③』

十分での天燈上げはいくつか前の記事にアップした動画で
すべてが伝わるでしょうかね。
とにかく楽しかった!
線路の両脇に立ち並ぶお土産屋さんも兼ねたお店で
用意されている天燈に、筆でいろいろな書き込みをします。
天燈は4面あってそれぞれの色に意味があるようです。
金運、平安、あとなんだったかな?
書き終わるとそれを持って線路の上へ。
そこでお店の人が火をつけてくれて空に飛ばします。
動画に写真にといっぱい撮ってくれて、その間のトークが
面白くて!
これで1グループ200元(約800円)はかなりお値打ちかな。
それにしても、線路の上とか日本では考えられません。
電車が来ると、みんな「わ~~~~っ!」と一斉に逃げるんですよ!
いや~エキサイティング!
なんだかんだで、今回の台湾旅行ではこのイベントが一番楽しかったかも^^

十分での天燈上げのあとは、バスで九份へと向かいます。
「1分しか違わないけど、バスで45分かかります!」
とのガイドさんの言葉にみんなでウケました。

e0000758_22225218.jpg

[PR]
by yokomoko | 2018-01-09 22:22 | 旅行関連記事 | Comments(0)

台湾旅日記2017 ②

お目当てのディンタイフォン(鼎泰豐)はなんと移転していました!
アジアでは移転はよくある出来事なのでガイドブックはあてにならないのよね…と
これまたマレーシア在住のお友達の言葉。まさにその通り
そこからは娘のスマホが大活躍。
何度も迷いながらもようやく移転先を見つけ無事席につくことができました。
(ポケットwi-wiを借りておいてよかった~!)
このお店は前回の台湾でも何度も訪れましたが、いつも安定の美味しさです。

e0000758_15125363.jpg


その後向かったのは…
あれ?どこだっけ?
とりあえず台北駅まで戻って地下街を歩いたような…
あとはホテルの最寄駅の龍山寺付近も散策したような…
初日からずいぶん歩いた感はありました。

28日(金)

今回の旅行のメインイベント
日本で申し込んでおいたこちらのオプショナルツアーです。

『夜の九份観光+十分天燈上げ&十分の滝ツアー
<選べる夜市解散/中国語ドライバー/午後発>by Ezfly / 【無料Wi-Fiレンタル付】』

娘が中国語を使いたい、というのでこちらにしたのですが
ふたをあけてみれば、日本語ができるガイドさんが付いてくれたツアーなのでした。
この方がとても面白くて親切で、自分たちだけでは体験できないであろうことが
いっぱいできました。
口コミでは、必ずガイドさんがつくわけではないようでしたので
今回はとてもラッキーだったのかもしれません。
私たちを含め日本人10人のツアーだったのですが
みなさんフレンドリーで、旅ならではの「一期一会」を味わうことができました。

集合は台北駅前にあるシーザーパークホテル
ここからバスで1時間弱でまずは十分へ。
線路脇の道を歩きながら滝へと向かいました。
日本でもよく見かけるような滝でしたが、写真を撮りながら
テンションかなりあがってきたところで、有名な天燈上げの会場へと移りました。

e0000758_15135251.jpg

[PR]
by yokomoko | 2018-01-09 15:11 | 旅行関連記事 | Comments(0)

台湾旅日記2017 ①

さて、台湾旅日記、日々の記録としてぼちぼち書いていこうかと思います。

『台湾旅日記 ①』

「さすがに冬の敦煌は無理でしょう!」
ということから急遽決まった台湾旅行。
年末の慌ただしい時期にもかかわらず
娘と私の予定がぱっとあったのですから
やはり流れが向かっていたのでしょうね。

27日(木)
フライトは9時40分のキャセイパシフィック
成田空港集合は7時40分
近所の田村車庫4時50分発のバスに乗り6時50分には
空港に到着。
時間的には余裕だったのですが、年末ということで
手荷物検査が大混雑!
少し前にマレーシア在住の友達があまりの混雑で飛行機に
乗り遅れた、という話を聞いたばかりだったので、ちょっと
焦りました。(日本ではなく、マレーシアからの出国時)
が、無事イミグレも通過し、4時間後には台湾の桃園空港に到着!
両替をすませ、ポケットwi-fiもレンタルし、混載バスでホテルに
着いたのはちょうどチェックイン時間の15時。
部屋で荷物を置き、すぐに地下鉄に乗ってディンタイフォン(鼎泰豐)に向かいました。
まずはここで小龍包を!と張り切っていたのですが
そうは簡単にはいかないのでした。

つづく

*今回のホテルは、龍山寺駅すぐそばのシーザーメトロ(凱達大飯店)
便利で綺麗でいいホテルでした。
*台北は地下鉄がとにかく便利。
地下鉄とバス乗り放題の台北パスの3日券の購入は忘れずに!
[PR]
by yokomoko | 2018-01-09 10:42 | 旅行関連記事 | Comments(0)

徒然に

ブログの方、見事に時間が止まっているなぁ(^_^.)
あっという間に夏は過ぎ、今は秋…
今年の夏はよくわからない気候でした。
思い出す限り、梅雨はほとんど雨が降らず
そのままの暑さで7月が過ぎ、8月は確か台風が停滞し
半ばはずっとぐずついて、後半暑さがぶり返し9月に入って
ようやく涼しい秋の風、といったところでしょうか。

マレーシアのあともFBの記事を見るかぎり、かなりあれこれありましたが
大きなイベントとしては、8月9日~13日の石垣島家族旅行でしょうか。
前述の台風であわや飛行機は飛ばないかも?!という心配をよそに
当日は難なくのフライト、関東圏は梅雨空でしたが、石垣島はまさに真夏の太陽。
実に夏休みらしい5日間でした。

初日、早朝の直行便で石垣島へ。その後、フェリーで竹富島散策
2日目、米原海岸でシュノーケリング
3日目、フェリーで黒島、サイクリング&シュノーケリング
4日目、米原海岸でシュノーケリング
5日目、直行便で羽田へ。

ざっと書くとこんな感じでしたが、中身の濃い楽しい5日間でした。
写真もたくさんありますが、美しい海の様子が伝わる一枚をアップします。

e0000758_1510223.jpg

(息子撮影)
[PR]
by yokomoko | 2017-10-04 15:12 | 旅行関連記事 | Comments(4)

マレーシアあれこれ ②

お友達のご主人さまの運転で、前にTVで紹介されていた
ヒンズー教の洞窟に行ってきました。

e0000758_14302842.jpg


この黄金の像の左横に見える階段を上がった先に洞窟はあります。
見た時は、「うわ~~~これを登るの?!」
といった感じでしたが、いざ、登り始めるとそこまで大変ではなかったです。

お猿さんがたくさんいました。

e0000758_14322919.jpg

e0000758_14325066.jpg


洞窟は改修中の箇所がたくさんありましたが、こんな感じです。

e0000758_14341316.jpg


ここでは、思いがけず素敵なおみやげをゲットしました。

e0000758_1435724.jpg



このあと、ブルーモスクにまわって観光。
入口でガウンを羽織り、スカーフで頭もすっぽり覆ってから入りました。
e0000758_1437422.jpg
e0000758_14372239.jpg

e0000758_14374540.jpg


モスクは自由にまわるのではなく、必ずガイドさんが付きます。
説明はすべて英語。
そんなに難しい英語ではないけれど、ほとんど聞き取れず…(^_^.)
海外に行く度に、自分の語学力のなさを反省するのですが、帰国すると
それも忘れてしまって…
英語ができるかできないかで、旅の楽しさは全然違うものになるのでしょうね。
[PR]
by yokomoko | 2017-07-24 14:41 | 旅行関連記事 | Comments(2)

京都旅日記 終

最初に書きましたように、今回の旅はお友達の蓮華草さんに会う目的で計画しました。
実際にお会いするのは4回目になるのですが、前回から数年空いていたのは、たぶん私がブログよりもFBが中心になってしまったせいもあるのかな、と。
そんな中、彼女もFBを始め、また頻繁に言葉をかわすようになりました。
スマホを持たない私にとって、FBのメッセージはラインがわりに
気軽に使える便利機能。
旅の打ち合わせもほぼすべてこちらからでした。
そして、私が旅日記を書いている中、蓮華草さんはFBを退会されました。
前々から退会を考えていたようでしたが、最後のあいさつ文をアップされてから先ほどアカウント削除。
潔い引き際に、さすが!蓮華草さん、と思いました。
これからは以前のようにブログ中心になるようです。

私にとってのFBは、人が行きかうカフェのようなもの。
ふらりと入って、ひとりでお茶したり、知り合いのお顔を見つけたら気軽におしゃべりをしたり…
対して、ブログは自分の部屋。気ままにゆっくりくつろぐ感じでしょうか。
これはあくまで私の感覚。人ぞれぞれ、その場所の在り方は違うのでしょうね。
そこにいることで疲れを感じるなら、立ち寄らず、もしくは立ち去る。実に単純
それから、会っているような感覚、と実際に会う、ということは
やっぱり全然違います。
今回の旅で蓮華草さんとすごした時間はきらきらと輝くかけがえのないものでした。
でも、そのきっかけをくれたのはFB。それもまた事実
私の中ではネットとリアルの境目はそこまで鮮明ではなく
なんとなく溶け合っているような感じかな
海(リアル)と空(ネット)の境目、ぼんやりかすむ地平線みたいな感じ?
なんだか、イメージばかりがひろがって収集つかなくなりそうなのでストップ!

さぁ、次回彼女と会う京都は今回行かれなかった、上賀茂神社からスタートです。
それまではお互いのブログでお会いいたしましょうね

蓮華草さん、ありがとう!
ブログ、リンクさせていただきますね

http://hanarenge.exblog.jp/24272940/
[PR]
by yokomoko | 2017-06-02 10:23 | 旅行関連記事 | Comments(4)