<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

横浜な一日

e0000758_2164178.jpg

30日(金)
朝から横浜に。
まずはみなとみらいにある横浜美術館で開催されている
『大・開港展』を鑑賞。
初めて行った美術館だったのですが、まわりの環境も良くていいところでした。
展覧会も絵や小物、花瓶に食器にと盛りだくさんで飽きることなく見てまわりました。
それぞれの展示スペースも広々していてよかった。

e0000758_2117462.jpg美術館に併設されているカフェでランチ。
アナゴごはんにお吸い物、なぜか生キャラメルが2個&紅茶。
写真撮るの忘れましたが、大きな窓から見える外の風景が素敵です。


今回ご一緒したKさんはお習字の先生で、お互いの教室のお稽古の様子やあれこれを
いっぱいおしゃべりして楽しい時間をすごすことができました。
Kさん、ありがとうございます^^

この後、横浜に戻りましてKさんは帰路につき、私は娘の用事を済ませるために
代ゼミに向かったのですが、これが思った以上に遠かった!
駅から5分は実は15分♪・・・ケロロ軍曹の歌を思わず歌ってしまいましたよ(^_^.)
そして、そのあとは地下鉄で関内へ向かうのですが、この地下鉄の横浜駅がまた
遠くて・・・
おろして2回目の履き慣れない靴のおかげで足は痛いし・・(>_<)
どうにか関内につきまして、書道用品店のキョー和で書初め用の半切を購入。
横浜にまた戻り、ようやく帰路に。
家に着いたのは5時。
やれやれ・・と一息つく間もなく、次は歯痛の娘を連れて歯医者に・・・
急患のためけっこう時間がかかりまして、帰ってきたのは7時。
さすがに夕飯はありあわせですませてバタンキュー。

楽しく、ハードな秋の一日なのでした^^
[PR]
by yokomoko | 2009-10-31 21:06 | Comments(12)

10月の那須

e0000758_115920.jpg

23日(金)の夜から25日(日)まで那須に行ってきました。
紅葉のピークは過ぎたものの、場所によってはまだ楽しめました。
これは山荘の入口から庭を撮ったもの。
小さな箱のように見えるのは、夫が作った薪置き場。
・・・でも
この場所だとあの強烈な那須おろしの風で吹き飛ばされてしまいそうでちょっと心配・・

土曜日はひとりでアウトレットに行きました。
(夫は家で薪割り・・(^_^.)
買物はやっぱりひとりが一番!
あれこれ見て回っているうちにあっという間に3時間くらいが経ってしまいました。
今回は、長めのダウンコートと帽子、ジーンズをゲット。
ジーンズはワンサイズダウンしていてやったー!なのでした。
これもカーブス効果?^^

日曜日はお友達の別荘経由で沼原湿原へ。
広いウッドデッキからの眺めが最高の別荘でした。
パッと見、暖炉のような薪ストーブも素敵。
お出迎えしてくれたゴールデンのシンディちゃんも実に絵になっていました。
momosaさん、美味しい珈琲とあたたかいおもてなしをありがとうございました~!

e0000758_235216.jpg秋というより初冬の雰囲気の沼原湿原。
水がすっかり干上がって湿原とはいえないかも・・
歩く人も少なく物悲しいような雰囲気でした。


[PR]
by yokomoko | 2009-10-28 11:06 | 那須関連記事 | Comments(8)

写ランK @長谷寺 レポート

10月22日(木)
最高の秋晴れの下、ふたば書道会14名、長谷寺にて初めての
写経会を行いました。

e0000758_15194412.jpg長谷寺には2つの写経会場がありますが、今回はこちらの広い方の「慈光殿」で行いました。


e0000758_1520292.jpgまずはこちらの手水場で手を清めます。


e0000758_15211777.jpg会場内の様子です。
私たちの来る前に2人の方がされていました。
いきなり騒がしくなってスミマセン。


e0000758_15215741.jpgこちらが写経用具一式。
お手本に薄く書かれている文字を写すタイプでした。
墨を磨り心を落ち着かせます。
(筆ペンもあり)


ざわついていた雰囲気も、いざ書き始めるとしんと静まりました。
文字を追いながら気持ちはだんだんと般若心経に引き込まれていきます。
観光客の方の声やその他いろいろな音は聞こえるものの、ひたすら書くことに没頭。
完全に「無」にはなれないまでも、かなり集中して書くことができました。

e0000758_15225256.jpgこちらが書きあがったものです。
1時間半を予定していたのですが、しっかり時間いっぱいかかりました。


e0000758_15234871.jpg書きあがった写経は、志を添えて本堂におさめてまいりました。


e0000758_15242837.jpg清々しい気持ちで境内展望所より眺めた海。


e0000758_1525128.jpgそして、長谷寺といえばはずせない「なごみ地蔵」に手を合わせ、ぐ~ぐ~鳴るおなかをおさえつつ、ランチのお店に向かうのでした。


そうそう
その前に記念写真を!

e0000758_152667.jpg




写経も終わり、お次はランチのお店「麻心(まごころ)」さんへgo!
海沿いにあるいい感じのカフェです。

e0000758_15271632.jpge0000758_15272966.jpg


左、しらす定食 右、ベジタブルランチプレート。
私は野菜プレートを注文したのですが、先にきたしらす定食を見てたら
こちらも食べたくなってしまいました。

e0000758_15281343.jpge0000758_15282620.jpg


左、黒糖風味のチーズケーキ 右、プラム入りチョコケーキ。
オーナーの奥さまの手作りケーキでしょうか。コクがあって美味しかったです。
みんなでワイワイ楽しくおしゃべりしながらのランチは最高ですね!^^

さぁ、『写ランK』の「写ラン」までが終わり、みんなで長谷駅までもどったあとは
とりあえず解散。
そして最後の「K」、カラオケに向かったのは私を含めて4人。

e0000758_15295259.jpgカラオケはいつもの江ノ島ピュア。
海を一望する一番いい部屋にしていただき感謝!


そして、このあと4人で4時~9時までの5時間ぶっとおしで
歌いまくったのでした~ 
「写ラン」と同じくらいの時間って、どんだけ「K」好き?(^_^.)


さぁ、これを皮切りに次回写ラン(K)も企画しますよ~!
いつかは京都、そして最終目標は、みんなで高野山写経を目指しましょう!
(何年かかるんだか・・)
今回参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!!
[PR]
by yokomoko | 2009-10-23 15:31 | 書道関連記事 | Comments(24)

日々のこと

10月も半ばに入ろうとしています。
今日は秋晴れの日曜日。
どこにも出かけずのんびり・・
本当は市の文化祭用の作品を書こうと思っていたのですが
どうも気持ちが向かないなぁ。
PC開いたついでに久々にブログを。

これといった行事のない日々ではありますが、毎日の習慣になっているのが
先月から始めたカーブスでの運動。
熱しやすい私は、週3~5回のハイペースで通っています。
たった30分の運動で効果があるのか疑問だったのですが、気がついたら
おなかがへこんでいるような・・・気がする。
何かと私の容姿に厳しい真ん中ちゃんも、「ママ、おなかへこんだみたい」と
言ってたから、気だけじゃなくて事実?
やったー!(o^∇^o)ノ
この調子でガンガン通うぞー!
・・・そして、ある日突然熱が冷めてパッタリ行かなくなるような気がするのだけれど・・・(^_^.)

e0000758_1592148.jpg高校の役員会の帰りに、いつも気になっていたケーキ屋さんで買ったカボチャプリン。
(400円也)
スティッチ好きの真ん中ちゃん用。他のチーズケーキやショートケーキも美味しかった^^
食べた後は、出窓のハロウィングッズの場所に仲間入り♪


きのうは久々の江ノ島お稽古でした。
恒例のお稽古前のお茶を、と早めに行ったのですが、いつものお店が
貸し切りだったため、別のお店にgo!

e0000758_15333050.jpg江ノ島が正面に見える絶好のロケーション。


e0000758_15341142.jpgケーキセットはイチゴのタルトをチョイス。
お稽古が始まるまでのこのおしゃべりタイムが楽しくて^^


そうそう
先日買った正座椅子、きのうがデビューでした。
足はしびれず、おしりも痛くならず、使い心地はOK!
木曜日の写経会もこれでバッチリ^^
どうか晴れますように!
[PR]
by yokomoko | 2009-10-18 15:29 | Comments(10)

燻製3種

真ん中ちゃんの高校で、役員限定販売がありまして
きのうの役員会でゲット!
こちらです。

e0000758_2021911.jpg畜産加工部の生徒さんたちが作った燻製です。
チキン・ベーコン・ソーセージの3種。
これで2200円だったかな?


今日はいろいろ作ってみました^^

e0000758_20225734.jpgベーコン、ポテト、ピーマンの炒め物
ジャガイモはレンジで3分ほど加熱してから。
ベーコンから出た油でいい感じに炒めました。


e0000758_20231010.jpgカルボナーラ
実は初めて作りました(^_^.)
生クリームを常備していないので、パスタといえばトマトソースかガーリック系ばかり。
ベーコンの塩味が強いので、味付けは薄めでOK。
美味しかったので、明日のお昼もまたこれにしちゃおうっと^^


e0000758_20232393.jpgチキンサラダ
燻製のチキンって上質なハムと同じ味なんですね~


e0000758_20233553.jpg空芯菜とチキンの炒め物
胡麻油を使って中華風に。
ごはんに合います。


ソーセージは明日のお楽しみ♪
役員立候補した私の判断に間違いはなかった!←どんだけ食いしん坊?


写真を撮り忘れましたが、真ん中ちゃんが食品加工の授業で作ったうどんも
美味しかったです。
高校見学の時にも思ったのですが、この高校、私が通いたい~!

そうそう、11月7日、8日は文化祭があります。
PTAではスープパスタの販売をやることに。
私は8日が当番。
広報の写真も撮らないといけないし、忙しくなりそう。
この高校の文化祭はとにかく食べ物が充実していますよ。
ハムスターの販売とかもあったり、広い敷地は歩いて回るだけでも楽しいです。
お近くの方は是非お越しくださいね^^
[PR]
by yokomoko | 2009-10-11 20:31 | 学校関連記事 | Comments(13)

お気に入りの一品♪

最近入手しました品のご紹介です。

e0000758_0203921.jpgさて、これは何でしょう?
積み木?
パズル?


実は・・・



e0000758_0213799.jpg正座椅子なのでした。


以前にも書きましたが、真ん中ちゃんが高校に受かった日に、私は階段から落ち
その時痛めたヒザがまだ完治せず。
教室の時は私だけテーブルに椅子で生徒さんの課題を添削、自分が行く江ノ島お稽古の時は
教室に置いてある正座椅子をお借りして正座していました。
早く自分用のを買わなくちゃなぁ、と思っていた矢先にお友達から紹介してもらったのが
こちらの正座椅子だったのです。

教えてもらったサイトからお友達の分も合わせてさっそく注文しました。
最初は支柱を8cmで頼んだのですが、届いたものを使ってみると
ちょっと低くてヒザに負担が・・・
2週間以内の交換は無料ということで、今度は11cmを頼み、それがつい先日
届いたのです。
座ってみると、今度はちょうどよい高さでヒザもとても楽!

e0000758_0311530.jpg最初の写真の状態で、付いてきた袋に入れると実にコンパクト。
重さを測ってみたら150gと実に軽く、これなら携帯用としてバッチリです。


この正座椅子、桐の木を使っているそうですが、とにかく手触りが最高です。
すべすべしていて、木のあたたかみも感じられて・・・
次回のお稽古で使うのが楽しみ♪^^



詳しくはこちらのサイトをご覧になってみてくださいね。(左メニューの5の正座椅子をクリック)



そういえば、以前から考えていた写経会を企画いたしました。
一回目は長谷寺です。
タイトルは・・・
『写経&ランチ ついでにカラオケもいっちゃう会』
略して
『写ランK』
いまのところ、ふたばのお仲間15名です。
写経は初めての方がほとんどですので、どうなるかちょっと不安でもありますが
まぁきっとあのメンバーなら、楽しくできることでしょう^^
所詮ミーハーな私ですので、これからもいろいろなお寺で写経をやって
いつかはみんなで京都de写経、とかできたらいいな、と勝手に思っているのでした。
正座椅子、写経の時にももちろん使うつもりです。
[PR]
by yokomoko | 2009-10-10 00:36 | Comments(8)

「くうき と ことば 2」

e0000758_23562056.jpg


3日(土)
江ノ島お稽古の前に、稲村ガ崎で開催されている「アートフェスティバル」に
行きました。
ちょうど去年のこの時期に行って、ランチやスタンプラリーを楽しんだのでした。
あれからもう一年・・・早すぎです(>_<)
そして
この時のガイド役のお友達が今年は写真展を開くとのこと、今回はそれが目的での
稲村ガ崎なのでした。

e0000758_031648.jpgギャラリー雪月花


アートフェスティバルでは、個人のお宅がそのままギャラリーになっているところがいくつかあります。
こちらの雪月花さんも海を見下ろす最高のロケーションです。
居心地のいい空間に、鎌倉をテーマにした写真と詩が展示されているのですが
どの写真からも、撮影したお友達の想いが伝わってくるのでした。


e0000758_0122320.jpg海からの風が吹き抜ける庭には、季節ごとにさまざまなお花が咲いています。


e0000758_0103722.jpgお楽しみのケーキセット。
私はチーズケーキにしました^^
コクがあって美味しい~♪




≪おまけ≫
e0000758_0194220.jpg
江ノ電江ノ島駅を出たところで見つけたスズメ(?)
どなたが着せたのでしょうね。
「かさじぞう」の話しを思い出してしまいました。


[PR]
by yokomoko | 2009-10-06 23:56 | Comments(10)

道灌まつり

今日は道灌まつりに行ってきました。
きのうは雨が降ったり止んだりだったのですが
今日は暑いくらいのいい天気。
娘と二人、町に繰り出しました。

とりあえず、おまつりの目玉である道灌公と北条政子のパレードの写真を・・

e0000758_2203619.jpg萩原流行さん。


e0000758_2205492.jpg国生さゆりさん。


娘たち曰く、今年は屋台が少なくてイマイチ・・とか。
それでもけっこうな人出のように思えました。
おまつり独特のあの熱気にあふれた中をあちこち歩くのが楽しくて
毎年なんだかんだで昼と夜2回は行ってしまう私なのでした。

それにしても、以前のように家族全員で出かけるということは
さすがになくなってしまったなぁ。
子どもたちの成長が嬉しいような、淋しいような・・・?
[PR]
by yokomoko | 2009-10-04 22:02 | 地域関連記事 | Comments(10)

虹色のさかな 閉鎖

以前このブログでも、9月いっぱいでODNのHPサービスが
終了してしまうことを書いたと思うのですが、はい、見事になくなりました。
私自身、PCを開いている時はほとんどこちらのブログ在住で
HPの方に閉鎖告知を載せようにも、パスワードが間違っているのか
ログインできない状態のうちの閉鎖となってしまいました。
「虹色のさかな」経由でブログに来てくださっていた方たちから
連絡が入りまして、「しまった~!(二重の意味で)」と。
最後の最後で結果的に不義理なことをしてしまい、猛省です。

自分としてもとても思い入れのあった、「虹色のさかな」・・・
最後ですが、TOPページの自作の詩を。



「虹色のさかな」

今日もボクはみんなと一緒に泳いでいる
毎日、毎日、泳いでいる
だってボクはサカナだから・・・

ボクのまわりには数えきれないほどの仲間がいる
ボクには自分の姿は見えないけど、仲間の姿を見れば
どんなかっこうのサカナなのかはよくわかる

小さくて黒っぽくて・・・キレイじゃない
きっとボクのまわりのヤツらも、ボクを見て
そう思っているんだろうな

急にスピードがあがる!いきなりターン!右!左!
全速力で泳いだあとには、必ずいなくなるヤツがいる
なぜだろう・・・?
一体誰が先頭なんだろう?
どうしてみんなおんなじように泳ぐんだろう?

一度となりのヤツに聞いてみた
「ねぇ、いつまでこうして泳いでいるんだろうね」 
でもそいつはチラリとこちらを見てすぐに行ってしまった

    *    *    *

その日、ボクは一番うしろを泳いでいたらしい
ふいに明るい何かが目に飛び込んできた
よく見ようとスピードをゆるめたら
いきなり視界がひろがった
いつもボクをとりかこんでいた仲間がいない

・・・そのかわりに「彼」がいた

「彼」はボクの目の前を悠然と泳いでいた
ボクよりもずっと大きい
そしてそのからだは「虹色」に輝いているのだ!

「キミは誰?」 ボクは訊いた
「私は私さ」 

「どこから来たの?」 
「どこからでも」

「どこへ行くの?」
「どこへでも」

「ボクもついていっていいかな?」

「彼」は何も言わずにスィと泳ぎだした
ボクはあわててあとを追った

    *    *    *

世界はかわった
いつも黒っぽかったボクのまわりが今では
さまざまな色で満ちている
鮮やかな珊瑚、ゆらめく海草、ボクとは違うさかなたち・・・
水面を見上げた時にはきらめく太陽の金色を知った

そしてボクの前にはいつも輝く「虹色」があった

「彼」は泳ぐ
時にははやく、時にはゆっくりと・・・
海の底の真っ白い砂にパタッとそのからだをうちつけた時は
あまりの美しさにボクは涙がでそうになった
しかし、その場にとどめておきたい「虹」は次の瞬間には
もう見えない

    *    *    *

ある時ボクは「何か」に追いかけられ懸命に逃げていた
右へ!左へ!上へ!下へ!・・・
まだ止まっちゃいけない、もっと泳ぐんだ!もっと、もっと!
あぁ、心臓がはりさけそうだ!

来た時と同様いきなり危険は去っていった
あたりはいつものおだやかな海
逃げ回っている間にすっかりはぐれてしまったと思っていたのに
「彼」は少し離れたところで何事もなかったように珊瑚をつっついている

そうしてボクは知ったのだ
全速力で泳いだあとに仲間が消えていた理由を

    *    *    *

その朝、「彼」はいなくなっていた

ボクは見失ってしまったのだ
しばらくアテもなく泳ぎまわっていたが
もう会えないだろうということは漠然とわかっていた

それから何日かが過ぎた
ボクは何度か全速力で泳ぐ目にあったりもしたが
どうにかきりぬけてきたようだ
無意識に「彼」をさがしてしまうこともあったが
ひとりでいることにも少しづつ慣れてきた
でもこの先どうしたらいいんだろう・・・

突然太陽の光が射しこみ海の色がさぁーっとかわる
その時ボクは目を疑った
とてつもなく大きな虹色のさかながずっと先を泳いでいるのだ
ゆったりとうねるように・・・
光をあびながらキラキラと輝いている
ボクは考える間もなくそのさかなに向かって泳ぎ出した

しかし近づくにつれて不思議なことにあんなに美しかった虹の色は
次第に消えてゆくのだ
そしてその巨大なさかなが無数の、ボクと同じさかなの群れであることに
気がついた時、ボクはすでにその中の一匹として泳いでいた

    *    *    *

今日もボクはみんなと一緒に泳いでいる
まわりにはやっぱり黒っぽい仲間が同じように泳いでいる
でもボクは知っている。ボク達が虹色のさかなであることを・・・










e0000758_9561658.gif ・・・ありがとう
[PR]
by yokomoko | 2009-10-04 09:50 | Comments(8)